船橋市大会

先日、船橋市の大会がありました。
普段の稽古の成果を発揮できた人、発揮できなかった人、それぞれが新たに課題を見つけたのではないかと思います。

大会で大事なことは
・まず準備はちゃんと出来ていたか。
大会に臨む、気持ちの準備と物の準備を自分自身でできたか。

・次に礼節を持って試合に臨めたか。
礼、返事、整列、待つ時の態度、見ている時の態度など、相手を不快にするような行動を絶対にしないこと。

・そして大切なのは会場内で、普段の稽古の成果を発揮できたか。
応援する時の姿勢、人の話を聞く態度、座り方、休み方、食事の仕方、自分の靴、服の管理、仲間の靴、服の確認、トイレのスリッパ、ゴミに対する行動

数え上げたらきりがないですが
いつも稽古会場で気をつけている様々なことを、稽古会場から試合会場へと広げます。

大会は普段の稽古の成果を発揮するところ。
それは「試合」だけではありません。
普段と違った環境でも、当たり前のことを当たり前にできるようにする。
それが、やがて強さにつながります。

そしてそれは、大会に出る子どもたちだけではありません。
応援に来てくれるご両親、その妹や弟たちまで、同じ気持ちでいることが大切です。
それがこの会の「団結力」として、空優会の強さになります。

空優会は空手の道に入門した子だけでなく、その家族すべてに理念が浸透している、そんな団体でいるように、これからも伝わる、伝える努力を続けていきたいと思います。

押忍

ページトップへ